現在地

明日はどっちだ

ジャニオタ、地下ボーイズグループのライブに行く

梅雨明けの発表も聞こえるようになりました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。暑いですね。
1年以上放置していたこのブログ。
過去記事を全部消して再出発することにしました。

と、言うわけで再出発1発目はこちら。

ジャニオタ、地下ボーイズグループのライブへ行くの巻。

(一応)ジャニーズカテゴリに属しているブログなのにジャニーズ関係ないエントリで申し訳なさはあるのですが、今じゃないと書けない気がすると私のオタク魂が叫んでいるのでよろしければお付き合いください。

ちなみにオタクとしての私のスペックはこちら。
・Hey! Say! みんな違ってみんないいJUMPを応援中の髙木担10年目、ジャニオタの入口はKAT-TUN、ジャニーズの入口はV6。
・2次元ゴトも嗜む。
・ディズニーも好き。
こんなヤツがお送りいたします。

今回行ってきたのはCDのリリースイベント、ショップの一角で行うインストアライブ(以下インストア)と呼ばれるやつです。
目当ては「SELLOUT」というグループ。

SELLOUTが気になる☆自分達を売りつくす!実力派パフォーマンスグループの魅力に迫る♥ https://hapicana.com/feature/detail/811

今回のインストアではこのSELLOUTはメインではなく、CDをリリースするメイングループと仲がいいため共演という形で出演していました。
行くことになったきっかけとしては、よくある、友達に誘われてのパターンです。数年前までJUMPと平行して動画サイト発(自称)アイドルを追っかけていた私、二つ返事でOKしました。


正直に言います、舐めてました。
いつも見ているのがジャニーズというガチプロアイドルのパフォーマンスなのでそれと比べてしまうとやはり物足りなさや未熟感はありますが、想像していたものより遥かにクオリティの高いパフォーマンスでした。
3曲聴くことができたのですが、3曲ともベクトルが全く違っているのにどの曲も歌ってて違和感が無い。曲は全てメンバーの1人が作っているとのことでその発想の幅広さに脱帽。
ただ、自己紹介が聞き取りにくいメンバーがいたり少しだけ地下系特有の身内感を感じて初見バイバイな瞬間があったりしたのは少し勿体ないとも思いました。新規ファン獲得のチャンスはどこにあるかわからない。

パフォーマンスは見ていてとても楽しかったのですがここで問題(?)がひとつ、地下系の世界にはメンバーとファンの接触がほぼ不可欠。
チェキ券や握手券なんかを販売しそこで収益を上げてるグループも男女問わず多いんですね。動画サイト発アイドルもチェキ会や写メ会、はたまたムービー会などの接触イベントがかなりありましたが、何故かそのイベントと別の用事が被ったりで行くことはなく接触イベントに触れぬままオタ卒してしまいました。
元々、「アイドルは愛でるもの」精神の私。接触も得意じゃないと思っていたのですが、一度体験してみても損は無いと友だちの推しの列に一緒に並ぶことに。
写真にサインやメッセージを書いてもらってる間メンバーとお話ができるって形だったのですが、……オタクっていざその時になるとポンポン言葉が出てくるんですね。自分で驚き。
友だちの推しも良対応でかなり好印象でした。



今後本腰を入れて応援していくかどうかはまだわかりません。なにより私にはJUMPがいるし。アイドルは追っかけてきたけど、パフォーマンスグループって自分に嵌るかどうか。でも、この人たちが売れたら面白いだろうなと思うグループでした。もっと他の曲も聴いてみたいので今決まってるワンマンライブには行くつもりでいますが、またなにか動きがあったらここで報告したいと思います。