現在地

明日はどっちだ

ジャニオタとテニミュ 前編

明けましておめでとうございます。(遅延)

I/Oドームツアーも無事完走しましたね。(遅延その2)
メンバーみんなとスタッフさん、お疲れ様でした!後半は殆ど泣いていたせいで記憶が朧気なんですけど、やっぱりJUMP大好きだな~!!って思うコンサートでした。楽しかった!
また、今回は初めて名古屋に参戦しました。
東名阪のドーム制覇だぜ。
そのことも含めての感想も書きたいのですが、2018年初エントリとなる今回は、

どーん

「ジャニオタ、テニミュにハマる」です。
よろしければお付き合いください。

そもそも「テニミュ」とは?という方向けにざっくり解説しますと、
週刊少年ジャンプに連載されていた、許斐剛先生による漫画「テニスの王子様」(以下テニプリ)を原作としたミュージカル作品です。
2003年初演、2.5次元舞台の金字塔や若手俳優の登竜門ともいわれています。城田優さんや斎藤工さんなんかが有名ですね。
主人公の越前リョーマ青春学園中等部テニス部に入部し、全国大会が終わるまでがワンシーズン。現在は3rdシーズンが好評上演中。
詳しくは
www.tennimu.com


qanda.tennimu.com


私はこのテニミュのチケットを、I/Oアリーナツアー横アリ公演のグッズ列で購入しました。
インターネットの発達も沼落ちを助長してるとしか思えない事例の一つですね。スマホがあればチケットが買える、すごい世の中です。ただし必ずご用意できるとは言ってない。嫌いな言葉は「チケットをご用意することができませんでした」です。

話が逸れました。

テニミュを観よう!と思ったきっかけらしいきっかけは特になかったと記憶しているのですが、強いて言うなら
「今この舞台を観ないといけない気がする」という直感が強く働いたから、です。この直感を信じてよかったと今では思います。
あとは先に沼落ちしてた友人の「香也さんの推しキャラ今シーズン凄いから見てほしい」の言葉かな。

実は原作を読み始めたのもここ1年ぐらいのこと。
読むつもりすらなかった、だって絶対に好きだから、ハマるから、沼だから。生まれてからずっと避けてきたテニプリという作品。人生21年目、避けきれませんでした。
原作とアニメまでなら大丈夫!ミュージカルは行かない!なんて言ってた過去の自分殴りたい。
「お前はテニプリ読んだら絶対ハマる、避けた方がいい」と忠告してくれてた友人たちごめんね。この沼は最高に居心地がいいです。

そんなこんなで、去年夏上演されていた青学VS立海の東京凱旋公演のチケットを1枚ゲット。
この時は当日引換券を購入しました。
あとは当日を待つのみ!それまでに俳優さんを予習して……、だったはずが、
「チケット、増やしたいよなこれ?」思ってしまったんですね~~~!!!!
このときは某サイトも生きていたのですが、Twitterでお譲りしていただきました。ありがとうございました!

こうして手元にはチケットが2枚、会場はSUMMARYでおなじみTDCホールでした。
余談ですが、昔はJCBホールって名前でしたよね。Johnny'sCircusBoysホール…。
懐かしい…。

さて運命の2017年9月23日がやってきました。この日はマチネに入りました。
グッズ売り場はSUMMARYと同じ場所。ノスタルジーを感じながら生写真とパンフレットを購入。
着席してドーム対応の双眼鏡を調整。開演を待ちます。
演劇を見に行ったことがある方なら分かると思うのですが、ベルのあとに入る前アナありますよね。
テニミュはキャラクターが担当して、その日誰が担当するかは完全ランダムなのですが、
なんと!!
推しキャラの仁王雅治くんでした!!!!今思い出してもしんどい!!
この日に観るべくして私はテニミュと出会ったんだな~~なんて感動していたら鳴り響く本ベル。
いよいよです!

中篇に続きます。

ジャニオタ、地下ボーイズグルーブのイベントに行く

前記事から続いてます。

本日は土砂降りの中隅田川花火大会が決行されたようですが、私は新宿のとあるイベントルームにおりました。

お目当ては「せらぁはうす」というイベント、ボーイズパフォーマンスグルーブであるSELLOUTが主催のトーク&ミニライブイベントです。
今回も友達に誘われたので行ってまいりました。
SELLOUTの現場はこれで2回目ですが、かなり面白かったのでレポ的なものを書いてみようかなと思います。

また、SELLOUTド新規のクソにわかによる記事ですのでなんらかの因果でこの記事を見つけた強火推しさんは嫌な予感がしたらそっとブラウザバックでお戻りください……。ネットの世界は自己防衛が大切です(小声)


まずはイベントのざっくりとした概要を、構成は2部制っぽくなっていて1部ではライブを振り返ったり今後のSELLOUTについて考えていく真面目(?)なセクション、2部は個人対決のゲームコーナーとミニライブとなっていました。

この真面目(?)というのがポイントで、確かにライブを振り返ってはいるのだけど話がどんどん脱線していく20代男子感が個人的にはツボでした。
オーバーオールで踊る映像を見ながら「工場長」って単語が出た瞬間KAT-TUNを思い出した人間はあの場にどれくらいいたのだろう……(笑)
その振り返ってたライブ自体には私は参戦していないのですが、メンバーがすごく楽しそうに話すので
アウェイ感とかも特に感じることはありませんでした

ジャニオタ、地下ボーイズグループのライブに行く

梅雨明けの発表も聞こえるようになりました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。暑いですね。
1年以上放置していたこのブログ。
過去記事を全部消して再出発することにしました。

と、言うわけで再出発1発目はこちら。

ジャニオタ、地下ボーイズグループのライブへ行くの巻。

(一応)ジャニーズカテゴリに属しているブログなのにジャニーズ関係ないエントリで申し訳なさはあるのですが、今じゃないと書けない気がすると私のオタク魂が叫んでいるのでよろしければお付き合いください。

ちなみにオタクとしての私のスペックはこちら。
・Hey! Say! みんな違ってみんないいJUMPを応援中の髙木担10年目、ジャニオタの入口はKAT-TUN、ジャニーズの入口はV6。
・2次元ゴトも嗜む。
・ディズニーも好き。
こんなヤツがお送りいたします。

今回行ってきたのはCDのリリースイベント、ショップの一角で行うインストアライブ(以下インストア)と呼ばれるやつです。
目当ては「SELLOUT」というグループ。

SELLOUTが気になる☆自分達を売りつくす!実力派パフォーマンスグループの魅力に迫る♥ https://hapicana.com/feature/detail/811

今回のインストアではこのSELLOUTはメインではなく、CDをリリースするメイングループと仲がいいため共演という形で出演していました。
行くことになったきっかけとしては、よくある、友達に誘われてのパターンです。数年前までJUMPと平行して動画サイト発(自称)アイドルを追っかけていた私、二つ返事でOKしました。


正直に言います、舐めてました。
いつも見ているのがジャニーズというガチプロアイドルのパフォーマンスなのでそれと比べてしまうとやはり物足りなさや未熟感はありますが、想像していたものより遥かにクオリティの高いパフォーマンスでした。
3曲聴くことができたのですが、3曲ともベクトルが全く違っているのにどの曲も歌ってて違和感が無い。曲は全てメンバーの1人が作っているとのことでその発想の幅広さに脱帽。
ただ、自己紹介が聞き取りにくいメンバーがいたり少しだけ地下系特有の身内感を感じて初見バイバイな瞬間があったりしたのは少し勿体ないとも思いました。新規ファン獲得のチャンスはどこにあるかわからない。

パフォーマンスは見ていてとても楽しかったのですがここで問題(?)がひとつ、地下系の世界にはメンバーとファンの接触がほぼ不可欠。
チェキ券や握手券なんかを販売しそこで収益を上げてるグループも男女問わず多いんですね。動画サイト発アイドルもチェキ会や写メ会、はたまたムービー会などの接触イベントがかなりありましたが、何故かそのイベントと別の用事が被ったりで行くことはなく接触イベントに触れぬままオタ卒してしまいました。
元々、「アイドルは愛でるもの」精神の私。接触も得意じゃないと思っていたのですが、一度体験してみても損は無いと友だちの推しの列に一緒に並ぶことに。
写真にサインやメッセージを書いてもらってる間メンバーとお話ができるって形だったのですが、……オタクっていざその時になるとポンポン言葉が出てくるんですね。自分で驚き。
友だちの推しも良対応でかなり好印象でした。



今後本腰を入れて応援していくかどうかはまだわかりません。なにより私にはJUMPがいるし。アイドルは追っかけてきたけど、パフォーマンスグループって自分に嵌るかどうか。でも、この人たちが売れたら面白いだろうなと思うグループでした。もっと他の曲も聴いてみたいので今決まってるワンマンライブには行くつもりでいますが、またなにか動きがあったらここで報告したいと思います。